<< いのちをいただく     ふたつの夕暮れ >>